30人同時対局

 こんばんは!

さる9/29に上智大学で行われたフランス女性チャンピオン、アルミラ・スクリプチェンコさんによる30面同時対局に参加してきました!

TUCCからは名誉部長とIさんと僕と1年生から二人見学と参加しました。

最初は自分の実力を鑑みてやめとこうかと思ったのですがやっぱり女性チャンピオンと対局できるのなんて一生に1度あるかどうかなので参加することにしました。

そして始まる対局。本人もおっしゃってましたが
最初の握手で、力が強かったのでびっくりしました。
僕(え、こんな力入れて握手するもんなの・・・?)

始まる対局。しかし僕はシシリアンで行ったのですが受けを間違えたのかcファイルに孤立ダブルポーンが早くも・・・。がそのあとなんとか粘りに粘って終盤にナイトによる決定打を打ちこんで

D☆R☆A☆W

いやー奇跡というかなんというか。

証拠写真↓




あとで結果を聞くと、名誉部長はあえなく敗北、Iさんもドローに持ち込んだようです。1年生から解説してほしいみたいなリクエストいただいたので今度の活動でしようと思います。

で、その後は本郷チェスの会による飲み。

そこで先ほどの対局を南條さんと大沢さんと三坂さんに検討していただきました。
やっぱり序盤の対応の悪さを指摘されました。後は局面が進まない時でも待てという話でした。我慢できなかったのはまずかったか・・・。

しかし最後の決定打に関してはこれでもかというくらいほめていただきました。ありがとうございます。相手が相手なので相当読んでその結果やるしかないと思って指して正解でした。

本当にこの日は充実した日でした。参加して良かったと思います。1年生も見学でしたがモチベが上がったようでなにより。

東京オープンに向け頑張ります。
では
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment