スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deux Films

今日は12/1。今年も残すところあと一か月ですね
本来なら先に東麻戦の記事を書くところですが、先に書いていた記事があるのでまずそちらを載せます

それにしても、金輪際書かないとか言っておきながら本当に楽しそうに記事を書いてますよね~ヤブコージさん。どっちがツンデレなんだか
一応、私もKUCC訪問の記事は書いたんだけどなぁ...ピヨピヨ

その時少し触れたことについて、日記的な記事を書こうと思います
今回は「映画」のお話

今年も様々な芸術に触れる機会がありました(7月にはそのことで記事を書きましたね)。その中で特に印象に残ったのが、二つの映画
The Great Gatsby(華麗なるギャツビー)」と「風立ちぬ(The Wind Rises)」です

「ギャツビー」は以前から興味があったのですが、今年映画が公開されるのをキッカケに本を読み、それから映画を見ました
日本ではファッション業界の人が話題にしていたくらいで、全体としてはあまり盛り上がっていなかった印象があります。'20年代の華やかな時代を舞台にしているだけあって、衣装や設備などがこれ以上ないほど豪華絢爛なものでしたからね

あらすじを一言で説明するなら、「無一文ゆえ上流階級の娘との恋が叶わなかった男が、巨万の富を経て再び愛を取り戻そうとする物語」
原作はアメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドの「The Great Gatsby」
アメリカ文学を代表する作品の一つで、英語で書かれた20世紀最高の小説とも言われています

様々な評価があると思いますが、私がこの作品を観て思ったことを3つほど述べようと思います

先ず驚くのは、この原作が1920年代のアメリカで書かれたということ
当時バブル真っただ中で、今でもアメリカの人が当時に憧れを抱くほど華やかで熱狂に包まれていた時代
そんな時代に、冷静に事を判断して、それを表現したことがすごいと思います

二つ目は環境の違い
主人公のギャツビーは無一文から始まり、バブル経済の中で巨万の富を築いたいわゆる「成金」。対してヒロインのデイジーは、上流階級出身のお嬢様
この環境の差が二人の運命に大きく影響することになります
生まれ育った環境や資産が全てではないけれど、それらが価値観や人生そのものに強い影響を与えることは否めないと思います

そして3つ目は、ギャツビーのこの言葉:「過去は絶対に取り戻せるさ」
私はこの言葉を聞いたとき、とても思うものがありました
そして出した結論は、「過去は取り戻せないもの」
残念ながらこの点はギャツビーと意見が合わないようです


二つ目の「風立ちぬ」は、みなさんご存知ジブリ映画
宮崎監督が引退会見を行ったことで、異例のロングランを記録しているのは記憶に新しいところ

こちらも簡単に説明すると、実在の人物・堀越二郎を主人公に、彼の半生を堀辰夫の作品をモデルに描いた物語です

実をいうと、初めは全く見るつもりはありませんでした。が、留学中勧めてくれる方が多かったので帰国後見ることに

涙が止まりませんでした

多分何年か前に見ていたら、今とはだいぶ異なる感想を持ったでしょうし、これほど心に響かなかったと思います。この映画が強く印象に残ったことに、自分が一番驚きました
個人的な意見ですが、これは大人になった人たちが見る映画だと思います


またしても超・長文になってしまいましたね^^;
ですがチェスではない、心のおもむくままに書いた日記もこれで終わりです
最後まで読んでいただきありがとうございました^^

東麻戦の記事も追ってアップしますね!
To be continued...

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

英文学科なのにThe Great Gatsbyがそんなにすごい作品だって知らなかった!今度映画観ようかな。

「風立ちぬ」はジブリにしては大人向けの映画だったねー。私もラストで泣きそうになった(泣けなかったけど。。。)

Le vent se lève, il faut tenter de vivre.
いい詩だよね♪

rumちゃんの日記記事が読めなくなるのはちょっと寂しいな~。。。

Thank you so much :)

>wadaちゃん

宣伝もそれほどされてなかったしね。映画の公開期間が短すぎてビックリした

ジブリであんなに泣いたのは初めて
Le vent~の訳「風立ちぬ。いざ生きめやも」に関しては色々な議論があるよね。別の言語を訳すときって、単に文字だけを見ればいいわけではないし、該当する言葉・概念がないことも多いから難しいなと思う

そう言ってもらえて嬉しいな(^^)
最初は迷ったけど、一年しかないし、書いてみても良いかなと
最近レポート以外で文章を書く機会もなかったから、本当に良い経験だった
プロフィール

tuccplayers

Author:tuccplayers
東京大学チェスサークルです。このブログでは活動報告を載せていきます。大体イベントごとに更新される(はず)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。