スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer days in Cambridge

お久しぶりです!
夏休みもすでに折り返し地点を過ぎましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか

まずは合宿に参加された方、お疲れさまでした!
夏休みの良い思い出となればうれしいです
そして合宿担当の方々、ありがとうございました

その他にも記事を見るに、さまざまなイベントで盛り上がったようですね。とくに海外からたくさんのGMがいらしたイベントは、私も参加したかったです!
主催者の方々、本当におつかれさまでした


さて、ブログをツンデレヤブコージさんやkotoさんに押し付けて一体何をしていたのかといいますと、8/7から先日まで約一か月ほど、短期留学に行っていました
留学先は、イギリスのケンブリッジ大学
その中で今回お世話になったのは、ペンブルック・カレッジ
31あるカレッジのうち、5番目に歴史があるカレッジです(1347~。日本の大学とは比べものになりませんね)

留学中の内容をあげたらキリがないので、今回はケンブリッジでの生活を少しと、チェス関係の話に絞って書こうと思います

~ケンブリッジ編~

8/7、一行の飛行機はロンドン・ヒースロー空港に到着
今回使用した便はJALだったため、機内のモニターにチェスが入っておらず(将棋と囲碁はありました)、泣く泣く数独をやっていました 笑

@ヒースロー空港(頭の中にて)

♪UKブギウギ~リズムウキウキ~
心ズキズキ ワクワク~

そこからバスで約2時間ほどでケンブリッジに到着です

今回お世話になったペンブルックは、キングスやトリニティ・カレッジほど大きくはありませんが、程よい広さで街の中心からも近く、とても過ごしやすいカレッジでした ↓

s_IMG_2283.jpg

s_IMG_3232.jpg

今回の留学で何が一番印象に残っているかと言えば、まちがいなくケンブリッジの街そのものですね
穏やかで、洗練されていて、本当に美しい場所でした

雨にもそれほど降られず、気温も25℃を超えることはなかったため(むしろ朝晩は寒かった...)、気候にも恵まれていたと思います
イギリスの食事に関しては色々なウワサがあると思いますが、言われているほどひどくはなく 笑(慣れただけかも)、むしろ朝食やformal hall、cream teaはおいしかったと思います

講義に関しては、私は Art&ArchitectureとScience をとっていたのですが、
Scienceは主にケンブリッジに関係のある人たちの功績から講義をしていました
ニュートンやダーウィンをはじめ、たくさんの偉人たちが学んだケンブリッジで1か月学べたというのは、本当にかけがえのない経験でした!

ワトソンとクリックが初めてDNAの二重らせん構造の発見を発表したことで有名なパブ ↓

s_IMG_2711.jpg


~チェス編~

それでは、チェスに関する話をしようと思います

イギリス最後の週末、ロンドンで1日チェス巡りをしてきました!
まず向かった先は、Baker Street
かの有名な名探偵の移住地として知られているところですね
ここに来たら、とうぜんコレ ↓

s_IMG_3071.jpg

...となるはずですが、私がまっすぐ向かったのはココ ↓

s_IMG_3075.jpg

Chess&Bridge という、名前通りチェスとブリッジの専門店ですね
日本を発つ前にnanzyoさんから教えていただきました!
中はこんな感じ ↓

s_IMG_3079.jpg

ここで賞品用のお土産をいくつか調達
何かの大会(学生選手権かな?)で入賞者の方々の手に渡ることでしょう 笑
自分用としては、今まで持っていなかった時計や棋譜用紙などを買うことが出来ました!日本でもオンライン等で手に入りますが、やはり本場で買える喜びは格別
残念ながら対局のスペースはありませんでしたが、良い買い物ができたので満足♪

それから向かったのは大英博物館
ここでも超・有名どころのロゼッタストーンやエジプト・死者の書などをスルーし、真っ先に向かったのは... ↓

s_IMG_3159.jpg

s_IMG_3160.jpg

ルイス島のチェス駒(The Lewis Chessmen)
スコットランド北西部のルイス島で、1831年に発見されたチェス駒です
これを見たいがために大英に行ったようなもの 笑(Upper floorのR40にあります)

説明書によれば、昔はボードの色が黒白ではなく、赤とアイボリーの組み合わせが多かったそうですね
気付いたらここのコーナーだけで、20分も経っていました 笑

みなさんも、大英に行かれたらぜひこのチェス駒を見てみて下さい!(もちろん、その他の展示も素晴らしかったですよ!)


イギリスでは、↑のような専門店でなくとも、普通の土産物店やショッピングセンター等でもチェスセットがおいてあり、改めて普及率の違いを感じました

ハロッズで見た、ハリーポッター第一話の最後で出てきた巨大チェスと同じデザインのチェスセット ↓

s_112 (1)

s_113 (1)



今回の短期留学では、チェスの事も含めてさまざまなことを体験し、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました!
ロンドンへ行かれる方は多いと思いますが、イギリスへ行ったらぜひケンブリッジへ行ってみてください!Oxfordもいいですが、Cambridgeをオススメします!Oxfordより、Cambridgeです

大事なことなので、3回言いました

予想通り、超・長文になってしまいましたが、ご了承を
最後まで読んでいただきありがとうございます:)

また種々の活動でお会いしましょう!
それではこの辺で
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

暫くこちらで見ないと思っていたらそんなところにいらしたんですね。(をい)

JAL便はまだチェスがないのですか。
麻雀は入ってましたが、チェス界から強くオファーをする必要があるかもしれませんね。
(^ ^;)

それより、Cambridge、建物も芝生も綺麗でいいですね。
Puntingから色々な建物の裏を眺めるのも貴重な体験になったのではないでしょうか?

チェスでも色々見てきてくれたようでreportありがとうございます。
Lewisのセットは家にあった気がするので、探してみます。
あとHarry Potterのチェス駒は日本でも雑誌付録でありましたね。
こちらは音を上げ、いや、出したり壊れたりするそうですが。

では貴重な報告ありがとうございました。
今後も、そしてまた訪英された際にはどうぞ宜しくお願いします♪
(*^-^)/

No title

イギリス留学、楽しそう(≧▽≦)
特にチェスの専門店と、大英博物館に行かれたというのは羨ましいです!今度詳しくお話し聞かせて下さい♪

お土産のチェスグッズを手に入れるべく、学生選手権に向けて精進します(笑)

No title

>Okabeさん

芝生に入れる機会は本当に貴重でした 笑
PuntingはScienceの授業でしました!教授がニュートンなどの話をしながら船を動かしてくれましたが、景色に夢中で話半分にしか聞いてなかった(^_^;)

そんな付録があったとは...

今回一番心残りだったのは、Brightonに行けなかったこと
なので次はぜひ行きたいと思います!

>Wadaちゃん

夢のような一か月だったよ!
気候も本当に良かったし♪(日本の残暑に耐えられる気がしない...)

昨日のFFで相当まずいことが判明したので、後期マジメにやらないと
(^_^;)
10日、楽しみにしています!
プロフィール

tuccplayers

Author:tuccplayers
東京大学チェスサークルです。このブログでは活動報告を載せていきます。大体イベントごとに更新される(はず)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。